投稿者:
• 2009/ 01/ 13 (火)

 三上 格
歯学博士・日本歯周病学会認定医・歯周病専門医
日本口腔インプラント学会認定医・日本咬合学会認定医

mikami略歴:

1983年 日本本歯科大学新潟歯学部卒業
       同大学歯周治療学教室入局
1990年 同大学歯周治療学教室講師(現在も非常勤講師)
1991年 苫小牧市にて歯科医院開業

 

 歯周病治療の基本術式や口膣内管理の方法には、インプラント治療を成功に導く多くのエキスが詰まっている。
 歯周疾患の原因は細菌感染と咬合性外傷の二大因子であり、インブラント周囲疾患も同様の因子で発現すると考えられる。つまり、インプラントを長期的に維持安定するためには徹底した感染源のコントロール、さらに夜間のブラキシズムや租借癖等のインプラントにかかる”力”のコントロールが必要であると考える。
 第一テーマは、感染源のコントロールのための細菌検査や抗菌療法、”力”のコントロールのためのスプリント療法、特に睡眠時ブラキシズム対策について、私が臨床で取り組んでいる”歯周病治療を応用したインプラント治療”の試みを紹介したい。
 また一方、インプラントは欠損補綴であり、その欠損には必ず原因があり、それがカリエスや歯周病の併発に起因するものなのかを把握し対処する必要があると考える。
 第二テーマは、私がインプラント治療を臨床に取り入れる埋由を考えてみる。私の診療の中ではインプラント治療の位置づけはあくまでも欠損補綴の一つのオプションであり、全部が”インプラントありき”ではない。患者の口腔内を考えた時に、どの補綴法が有効か、患者のニーズは何かを総合的に考慮し、残存歯側から見た力学的要因を判断基準に加え、インプラント治療の適否を判断する。最終目標は、バランスが取れた咬合の確保・咬合の長期的維持安定・患者のQOLの向上にあり、これを満たせるものがインプラント治療であると考える。
 欠損補綴時、残存歯に対する加圧・受圧の関係を考慮し、欠損が拡大する可能性がある場合は、一歩先を読んで先手を打つ必要があると考える。どの補綴法が有効か?患者の二ーズは何か?を総合的に判断する時、その一つのオプションにインプラント治療を位胃づける。視点を残存歯側から見て安全と判断されれば、徹底した感染源と”力”のコントロールの基礎のもとで行えばインプラント治療は有効であり、長期的に維持安定すると考える。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグが利用できます。 <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>