Tag-Archive for ◊ 歯周外科 ◊

投稿者:
• 2009/ 02/ 04 (水)

2009年度
最新インプラント埋入手術公開セミナー
~最小の手術侵襲と安全性の実践~

従来、インプラント埋入手術および歯周外科手術セミナーの実技研修は専ら豚生骨や牛生骨、あるいは模型を使用してきましたが、これでは実地臨床の場において即戦力を得る知識と技能、さらに想定外の変化に対する技量の習得に至りません。
そこで、近時多くの臨床医の方々からライブオペを開催してほしいとの強い要望があり、特に骨の掘削を最小限(上下顎オステオトームテクニック)にとどめ、手術時間の短縮初期固定の確実性を高め、オステオインテグレーションの短期獲得を得る埋入法を見学していただきます。 続きを読む…

投稿者:
• 2009/ 01/ 13 (火)

医療法人正愛会 鈴江歯科医院 鈴江 義彦

Ⅰ 目的:

 少子高齢化に伴い、高齢と言われる患者さんに対して、いかに安心して、侵襲が少なく安全に手術をすべきか、また治療目標を達成し患者さんとの信頼度を高めるか本症例を通じて探求したい。

続きを読む…

投稿者:
• 2009/ 01/ 11 (日)

日本歯周外科学会認定指導医・社)日本口腔インプラント学会専門医 山田 雅夫

Ⅰ緒 言:

 咋今歯科臨床治療が終わっても「歯肉の腫れが治らない、歯茎に開いた穴(Fistel)から膿(Eitel)が疲れると出てくると主治医に訴えるがそのうち治るよと言われそれ以上診てくれない。」と言って来院する患者が増えている。この様な訴えの患者を診ると、歯根分岐部病変が原因で有ったり、歯周ポケットが6mmも有るにも拘らずその歯牙に補綴処置を施し、処置は完了したと言う。見かけ上の治癒はしても実は歯周炎は完治せず、いずれ再燃する。ここで供覧するのは日常臨床でごく一般に見られる主訴を歯周外科治療で少しでも改善した症例を報告する。

続きを読む…